女性で薄毛に悩んでいる人の中には、出産してから急に薄くなった人もいます。出産してから薄くなる人というのは意外と多く、これはずっとではなくて、一時的になることが多いので、安心してください。妊娠中というのは、女性ホルモンは活発に体内ではたらいてくれています。

そのためにヘアサイクルと言って髪の毛の生え変わりや成長の周期も、妊娠していない時と比べると変化が現れています。妊娠中はエストレロゲンという女性ホルモンが活発に分泌されていますから、それに伴い髪の毛初音に成長し続けている女体です。

しかし出産をすることによってホルモンの分泌は一時的に減ります。それに伴い髪の毛も一時的に薄毛になるのです。エストロゲンは聞いたことがあるかもしれませんが、女性らしいボディをつくる、健康的な髪の毛の育成にも働いてくれているホルモンです。

プロゲステロンという女性ホルモンもあるのですが、こちらはヘアサイクル、つまり髪の毛を伸ばす働きがあります。妊娠中に髪の毛が生えて抜けるまでの期間が妊娠していないときよりも長いのは、その結果と考えられるでしょう。しかし出産したことによってプロゲステロンの分泌、これが一時的に抑制されるために一度に髪の毛は抜け落ちてしまうのです。

そのためにしばらく髪の毛は生えてこなくなり、それが薄毛になります。女性の出産後の薄毛は、子供を産んだから仕方がないと思っている人もいるかも知れないのですが、それほど深刻に考えることはないでしょう。時間が経てばまたホルモンの分泌も元通りになりますし、そうなればまた生えてくるので、安心していいでしょう。

一過性の薄毛と言えるでしょう。その後まだ生えてこなくて薄毛に悩む場合は専門の場所へ行くことをおすすめします。