女性の薄毛と遺伝、これは関係しているのでしょうか。とても気になっている人もいるかも知れないのですが、実際どうなのでしょうか。実際のところ、遺伝により薄毛になる可能性、それは4分の1の可能性と言われています。ですから100人いても4人位しかかからない、25人に1人の割合ですので、それほど多いとは言えないでしょう。

そして祖父母や両親が薄毛であっても、必ずしも子供に遺伝するとも限りませんので、一概に薄毛の原因が遺伝であるとは言い難いようです。薄毛が遺伝するというよりも、どちらかといえば、薄毛体質が遺伝することはあるかもしれません。また薄毛になるような食生活を同じようにしていた、薄毛になりやすい生活をしていたということによって、両親と同じように薄毛になる子供というのもあり得るかもしれません。

薄毛の遺伝する確率はとても高いと考えられているのですが、実際は体質による遺伝というよりも、同じ生活習慣で、同じ食生活をしていたことによって、よく似た生活習慣が引き起こして薄毛につながったと考えたほうがいいのかもしれません。もし両親や祖父母に薄毛の人がいて、将来自分もそうなるのではないかと不安に思っている人が居るのであれば、今からでも生活習慣や食生活習慣を見直すことが大事です。

これらを見直すことによって、将来的に薄毛になりやすかった可能性を低くすることにつながるかもしれません。将来薄毛になりたくないと思ったら生活習慣、食生活の改善を今から始めておくだけでも十分に改善されるでしょう。遺伝だからと諦めるのではなくてまだまだ行えることはたくさんあります。

同じような食べ物を食べていると太るのと同じで、薄くなることも体質ではないかもしれません。